直虎の未来

何かと知名度の低い滋賀県。 日本一の琵琶湖でさえ滋賀と直結されない事が度々あり、どんだけ田舎やねん!っと静寂が好きなものにとっては喜びもヒトシオです。

さて歴史を紐解けば、けっこうな有名人達と縁のある土地であると知って頂くことが出来るのですが、、、。

有名処では良くも悪くも安土桃山時代の織田信長公、豊臣秀吉公、そして滋賀生まれの戦国武将「石田三成公」等々。

さらに忘れてはいけない人物、ゆるキャラの元祖「ひこにゃん」のお膝元”彦根城”といえば幕末の大老「井伊直弼公」です。

その直弼公のご先祖が2017年NHK大河ドラマで放送中の「井伊直虎」で、直近の内容は遠江国にて木綿の栽培に取り組んだところなのですが、この木綿の栽培は滋賀の地でも盛んに行われていました。

さらに明治維新後に富岡製糸場(群馬県富岡市)から帰郷した彼女らの技術を生かし、彦根の地に県営製糸場が設立されるなど滋賀と木綿には深い関りがあり、現在に至り自分自身が綿製品に携わっていることに深い感慨があります。

様々な出来事に、細い糸で縁を感じる滋賀の地を誇りに思う今日この頃でした。