初めての南禅寺

自宅から車で約30分の近場にある観光名所「南禅寺」へ行ってきました。今回は山崎蒸留所の帰り道でお酒も入っていることもあり、お京阪こと「京阪電車」で京都東山にある「蹴上」という駅を降りて徒歩で訪れたのです。

これまでお隣の「東山動物園」には数え切れないほど来てはいるのですが、この「南禅寺」に至ってはまったく興味がなかったので今回が初めての訪問になります。

お寺に足を踏み入れてまず一番に思ったのは「もっと早く来れば良かった!」でした。歴史を感じる重厚な正門をくぐり周りを見渡すと隅々まで手入れが行き届いた境内のあまりの美しいその姿に一瞬で後悔の念が頭の中をよぎったのです。
n01

さらに奥へと足を進めると、何と!
テレビで何回も見たことのある、あの景色に遭遇したのです。
一度は本物を見たいとは思っていましたが、
まさか—————————ここにあったとは!

画像がうまくアップ出来ないので続きはまた今度。

大きなお世話でした。

先週の中頃のことです。世間では比較的に評判のよくない「windows10」の”累積的な更新プログラム”が我がパソコンに施されました。 前段階で数回、再起動を促すメッセージがでていたので午前中の仕事を終えてまもなく昼ご飯というときに1時間の余裕を考えて実行したのですが、そのあと大変な苦労を強いられることになりました。

 まず何をアップデートされたのか分からない状態で突然フリーズ状態になり、その後セキュリティソフトに異常を知らせる警告がでて、それらの対処に午後からの全ての時間を費やすことになってしまいました。

 その日は一応として大体のメンテナンスは完了したのですが、翌日になると昨日まで絶好調であったプリンターがデバイスとして反応しなくなってしまいました。あれやこれやと修復を試みるもまったく反応なし、朝ドラではありませんが「どうしたもんじゃろのぅ」なんて一人で自虐しながら、結局ドライバーの削除、インストールという手順で何とか解決はしました。やれやれ。

 そして次の次の日(2日後)、Iphoneの画像を取り込もうとしたらデバイスとして認識しなくなっていたのです。先日まで快調に作業できていたのが全く反応なし。ネットであちこち情報を仕入れるも役にたたず今度も「どうしたもんじゃろのぅ」に。仕方なくその日は諦めて持ち越しをしました。

 次の次の次の次の次の日(5日後)、どうしてもIphoneから画像を取り込みたいのでもう一度頑張ってみました。しかし何度同じことをしてもダメです。もう諦めようかと考えていた時にホントのホントに偶然にもIphoneのシャッターを押して写真を撮ってみたら、何とパソコンの奥の方でウィーンと鳴きだしてデバイスとして認識をしてくれたのです。z(‘◇’*)エェッ!

 後ほどネットで確認をしてみたのですが、「iPhoneの写真に追加がない場合、デバイスとして認識しない」という機能がwindows10では存在するようです。何はともあれ無事に画像を取り込むことに成功はしました。良かったー。

今回の件は無理やり自分の時間を奪われた感がありとても腹がたちましたが、気が付いた中で指紋認証が改善?されたことがせめてもの救いです。
Microsoft windows 昔は良かったけどなー。

大阪城へ、いざ出陣!

いよいよクライマックス!「真田丸 第41回 (入城)」では九度山を抜け、いざ大阪城へ入場する「真田幸村」。

こうなったら近江の国より援軍として追随するしかないっ、と勝手に思い込んで 先日、久しぶりに車で大阪城へ行ってきました。

石田三成公がご存命であれば豊臣家は滅びることはなかったと思うのは私だけではないでしょうね。

当日はお天気も良く絶好の散歩日和。
森ノ宮駐車場からは天守閣まで徒歩で約10分程度となっています。

実際にはもう少し遠いような気もしますが、賃貸住宅の駅より徒歩何分の表現よりはマシかなと。

道中、平日にも拘わらずたくさんの観光客が行き来していました。でもそのほとんどは海外からの人達で特にアジアの方が多かったです。

とりわけ面白かったのは、
天守閣に入ったあとすぐにエレベーターで最上階まで登るのですが、そこでは案内係の女性が場内の撮影禁止など簡単な説明がなされていたのが「英語」だった事で、乗っている人は中国人ばかりなので果たしてどこまで通じているのか?って感じでした。

説明の最後に案内係の女性が私の顔をみて「分かった?」って表情をしたので、「安心してください。日本人ですよ!」って言ってやりました。

その案内人の思わず嬉しそうな顔が今でも思い浮かんできます。

館内では様々な展示物があり、大変興味深いものもありました。それで入場料600円は安いと思います。是非また行きたいな。

tensyukaku

今となってはコンクリート造りのお城で本物ではありませんが、かつて豊臣秀吉公がここで日本の国を治めていたのかと思うと値打ちのあるパワースポットだなと感じました。

昨年の「姫路城」以来のお城めぐりでしたが、引き続きどこか素敵なお城へ出向きたいと考えています。次は「彦根城」あたりかな。

秋のクラッシック

今年もアレで楽しんできました。こんにちは、オーガニックコットン専門店LIN店長の橋本です。

テレビやラジオで美しいメロディを聞いた時に「あっ、この曲しってる!」って、多くの人達が感じるアーティスト「HカセTロウ」さんのコンサートへ行ってきました。 あまりに美しいヴァイオリンの音色に、意識が朦朧として気が付けば船を漕いでいることも時々ありますが何度聞いても飽きることがありません。

彼のコンサートへ足を運ぶのは2011年暮れが最初だと記憶していますが、その時はチケット購入の時に大阪NHKホールと勘違いして予約をしたのが実は東京の渋谷にあるNHKホールで、果たして行くべきかキャンセルするべきか大いに悩んだと記憶しています。でも初めてのコンサートであの美しいヴァイオリンの音色を直に聞いた時には心と身体が震えるような感動を覚えたと思います。なのでそれ以来、毎年コンサートへ足を運ぶことになったのです。

昨年の今頃は滋賀県の「びわ湖ホール」でコンサートでした。
そして今年は大阪のフェスティバルホールです。
img_0599
毎年、思い出のメロディが積み重なって、自分の心にどれだけ残っていくのだろうと、今年も一筋の記憶が刻まれてきたのでした。