歴史におんち

いつも楽しみに見ている「真田丸」。
もうすぐ最終回になろうとしているのは寂しい限りです。

このドラマのお陰で「和歌山」や「大阪城」など普段は行くことのないところで思い出を重ねることができたのは良かったと思っています。

そしてこれまで歴史を学んでこなかったことが幸いして
古い建物や書物にも少々興味を持ちだしたことは
少なくとも悪いことではないですね。

さて流れの中で近場の建造物を探したら結構な名所があるわあるわ!
まずは「南禅寺
これまで一度も行ったことがなかったのに、この秋2回も行ってきました。

このころは紅葉の時期と重なり
さらなる名所めぐりと思い、ようやく「おひざ元の延暦寺」へと行ってきました。

en001

ひとえに「延暦寺」といってもたいへん広いところで、全てを徒歩で回りきるのはたぶん無理です。
そこで今回訪れたのは東塔地域というところで、中には総本堂として国宝の「根本中堂」があります。

ここは真田丸で敵役となっている徳川家の三代目「徳川家光公」の命で
寛永一九年(1642年)に再建された、なんと374年前の建物です。

創建以来1200年の間、一度も絶えることなく灯り続けている「不滅の法灯」があるそうで実際に見学に行ってみましたがどこにあるのかは残念ながら自分にはわかりませんでした。

それでも、ここは凄い所 というのは肌で感じたのは事実です。

さらに国宝・重要文化財などを数多く展示される「国宝殿」という博物館があり中へ入るとそこには、今から千年以上前の仏像・仏画・書跡などが展示されておりとても不思議な気持ちにさせられる時間を過ごすことが出来ました。

地元大津からのアクセスには日本一長い距離のケーブルカーがあり
おおよそ11分間の道中を美しい景色を見ながら楽しむことが出来ます。

また行きたい! 
そう思わせてくれる素敵な日本の歴史でした。

連鎖反応か?

今朝5時55分、いつも通りにタイマー予約でテレビの番組が映し出されました。

時間にして5分程度、眠気の冷めない状態でぼんやりしながら画面を見ていると、突然アナウンサーが「緊急地震速報が出ました。」と大慌ての様子で叫びだしました。

一瞬の間、何のことか分かりませんでしたが、どうやら東日本で「緊急地震速報」が出たらしく関西で見ているテレビでは状況は把握できず、ただただ番組を見ているしか仕方ありません。

その時、一番感じたのは

今、布団の中でぼんやりしているこの状況で
いきなり”逃げろ”と言われた場合、果たしてどこまで適切に対応ができるのだろう?という事でした。

先週の土曜日お昼時に”ぐらっと”きた時はほとんど身体が固まった状態で過ごしていたのを覚えています。

誰も好き好んで災害に遭っているのではありません。
その後のニュースの中では、SNSなどでデマ情報が流れていたそうです。

明日は我が身

こんな時こそ”お互い様”の気持ちで助け合いたいものです。

油断していました。

暑い夏も完全に終わり今年もゆっくりと冬の到来を待っています。

今はクリスマスに向けて街中やネットの飾りつけも賑やかで
美しい彩に心が癒される時間が多くいつまでも続いてほしいなと思う今日この頃です。

しかし今年の夏は暑かった。

暑さと共に湿度も高く
水回りのカビ対策に結構な時間を割かれた思いが強くあります。

そして今は乾燥して澄んだ空気のお陰で遠くに見える山の稜線も美しく
紅葉の色づきが故郷の景色に元気を育んでくれているようです。

ところが、
先ほど洗面所の蛇口から何やら黒い紐のようなものがぷらーんとでているのを発見。
よく見るとそれは立派なカビの塊でした。

急ぎ洗浄を行いましたが、ちょっとした油断と驚きで
今夜あたり
カビカビマンの夢をみてしまいそうです。

ぐらっと

お昼前、午前中の仕事に切りを付けるためにギヤを入れ替えて頑張っていた時に、

ぐらっ と

関西を中心に「震度4」の地震でした。
今日の地震?は事前の緊急地震速報がなく、いきなりの揺れでしたが
何はともあれ 程々の揺れでホッとしました。

そういえば、10月21日の鳥取県で起きた震度6弱の地震の際には
ガラケーの機種変更を目論んでdocomoショップにいたので
それこそ、あちらこちらでブィン、ブィンと盛大に鳴りまくって店内はパニック状態に

ということも無く、ほぼ満員の店内は静かなものでした。
それで良いのか?滋賀県民たち。

ところで昨日のニュースでは
あの”しらさぎじょう”こと「姫路城」でドローンが壁にぶつかるという事故があったとか。
遠目にみれば真っ白なお城で、豪華絢爛な「大阪城」とは違う美しさが特徴の世界遺産です。

いろいろありますね。

おひざもと

先週半ばに「南禅寺」まで紅葉を見に行ってきましたが、案外と自宅の近くで観光名所が存在していることを知り日曜日の朝に思いつきでぷらっと出かけてみました。

そこは織田信長公の比叡山焼き討ちで有名な「延暦寺」で、現地までは比叡山の麓からケーブルカーに乗っていくことになります。
自宅からケーブルカーの乗り場まで車で約10分、さらに駐車場が無料とくれば気持ちは既に「延暦寺」の紅葉に包まれたような気分でした。
しかし、午前10時過ぎに乗り場へ到着すると既に駐車場は満車でケーブルカー乗り場では観光客で長蛇の列になっており、そこに入り込む余地はあまり無いように思いました。

なので残念ながら「延暦寺」の紅葉はいずれの日かに延期となりました。
昨年は金沢の兼六園で美しい景色を堪能しましたが、ひょっとして”おひざもと”の紅葉が素晴らしさでは勝っているのかも、、、と予感しているのですが、さてさて如何なものでしょう。

来週あたりに再度チャレンジしてみるつもりです。

絶景かな、

 11月に入っても寒くなりませんねぇ。今でも日中は日差しを浴びると20℃超えになる日もあるので服装に困って仕方ありません。
それでも今年こそ紅葉の見頃を外すわけにはいかないと考え、時期尚早かもしれませんが念のためと思い「南禅寺」まで二度目の確認へと行ってきました。

 前回訪れた初めての南禅寺ではまだ緑が多い静かな観光地程度の認識でしたが、なんと!この日は朝10時過ぎに現地に着いた時点で既に多くの観光客で賑わっていました。それでも一応の境内見学は叶ったので救われましたが、昼前に引き上げる時点では団体客でごった返しており、真っ直ぐ前には進めない状況になっていました。

南禅寺境内では一部ですが薄っすらと色づき始めており、この先素晴らしい紅葉が見られるだろうと予感が走りました。
下の写真は左が10月、右が今回の11月の様子です。
2016-11nanzenji

ちなみに「三門の楼上」へ上がってみました。
あの石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな~」と読んだあの景色でしたが、悲しいかな木造で高さ22mの建物でさらに築400年近くなると無意識に足がすくんでしまい絶景どころではありません。

今、NHKの大河ドラマで「真田丸」を放送していますが、「大坂夏の陣」に倒れた将士の菩薩を弔うために藤堂高虎が寛永五年(1628)に再建したものと書かれていましたので、今どき旬の観光地であったようですね。

事の顛末

10月初めに自分のパソコンに対してwindows10のアップデートを機に少々トラブルに巻き込まれました。それまで出来ていた、iphone6sの画像を取り込めなくなったり、wifiでプリンターが使えなくなったりと散々な目に遭い、復旧までに相当な時間を要したわけです。

なので次回パソコンの買い替え時には絶対にmacにしてやる!って息巻いていましたが、ほぼ1ヶ月が経ちようやく原因らしきものが分かってきました。
iphoneに関しては前回書いた通り「大きなお世話」で、それならそれでパソコンの起動時にでも変更をした箇所を箇条書きにでもして教えてほしかったなぁって思います。

次にプリンタートラブル。対応をした時には一時的に使えるのですが次の日には使用不能になっていることが度々ありこれには正直なところ参っていました。メーカーのサポート画面から何度もプリンタドライバをインストールしていたのに、です。

その日もメーカーのサポート画面を”にらめっこ”していたら、それまで見なかった説明文を偶然に見つけて「設定日時は合っていますか?」というのがありました。

なるほど、これは! という訳で早速確認してみると、約1か月ぶりに完全復旧をした次第です。良かったー!