肌にやさしい綿ブラジャー 今日から使えるお得なクーポン

キャッシュレス5%還元

◆キャッシュレス・消費者還元事業について◆

消費者還元事業の対象となる決済手段は「クレジットカード決済」に限られます。

LINの「ここだけの話」

サンプルの色落ちテスト

 年賀はがきの作成もタイムリミットが迫ってきた。

とりあえず裏面のデザインを大急ぎで考えて250枚の印刷を終えることが出来た。(ほっこり)
と思ったのもつかの間、子供からの指摘で郵便番号の下一桁を間違えていることが発覚した。

全部

済んだことは仕方ないので、一枚一枚丁寧に二重線を引いて直すしかないだろう。

 1年というのは早いものだ。
去年の今頃、bgreenのTシャツをサンプル代わりに取り寄せた頃だ。
とりあえずライトブルー、ライトクリーム(生成り)、ブラックの3色を家族で着てみることにした。
その後、キャミソール、タンクトップ、ショーツ、ブラジャーと順に追加していった。

最初着た時には「オーガニックコットンとはこの程度のものか」と正直思った。
つまり普段着ている綿100%と代わり映えしなかったから…。
反対に何やらチクチクと感じるような気もした。
これが綿カスの仕業だという事を後から気が付いた。

ところが、違いが分かるようになってきたのは洗濯を2回3回と繰り返すようになってからだった。

綿カスも綺麗に取れて、着心地もすこぶる良い。
他の衣類との違いが少しづつ分かるようになってきた。
言葉で表現するとしたら、柔軟剤を使って柔らかくなるのが通常の衣類。
使わなくても柔らかいのがオーガニックコットンだ。

次に、洗濯に付き物「衣類の色落ち」。
昨年末から着ているTシャツ(ライトブルー、ライトクリーム、ブラック)は、ライトブルーの色落ち
(というより色褪せのほうが妥当)が一番目立った。
予想ではブラックの色落ちが一番早いと思ったのだが、結構しぶとくて今でもちゃんとしたブラックで
5日ローテーションをタンスの中で待ってくれている。

もちろん生成りのライトクリームはしっかりとその存在感をアピールしており、
目に馴染んでくると白いシャツよりも受け入れやすい印象を感じてしまう。

何はともあれ、オーガニックコットンに対して日増しに愛着が増してくるのは単なる店主の驕りなのだろうか。

営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 発送休み

営業のご案内
営業 : 平日:9:30~18:00
日、祝日のご注文は翌営業日の発送
銀行振込、郵便振替の場合、入金確認後の翌営業日以降。
配達希望日の指定は4営業日以降で承ります。

QR

ページトップへ